< Back  

For more information:
Media contact -  Paul Harrison, Senior MarCom Manager
Phone:  +49 9287 712 808 
Fax:  +49 9287 712 809 
E-mail:  paul.harrison@vishay.com

Sales contact: 

ビシェイ社、業界初の高周波用IHLP®インダクタシリーズを発表、DC/DCコンバーターの効率を向上

10 MHzまでの高周波数性能を特長とするIHLP-1616BZ-0H、1 MHz以上の周波数で 他のコンポジットタイプインダクタと比べて最小の損失


IHLP

Products mentioned:

IHLP-1616BZ-0H
For more information:
Media contact -  Paul Harrison, Senior MarCom Manager
Phone:  +49 9287 712 808 
Fax:  +49 9287 712 809 
E-mail:  paul.harrison@vishay.com

Sales contact: 

This release in:

2017年9月14日:ビシェイ・インターテクノロジー社(米国ペンシルバニア州、NYSE: VSH 、日本法人:ビシェイジャパン株式会社、東京都渋谷区、代表取締役社長:小澤政治)は本日、薄型大電流のIHLP®ファミリーの周波数範囲を拡張した業界初のインダクタの新製品を発表しました。新しいIHLP-1616BZ-0Hシリーズは、10 MHzまでの高い周波数特性を特長とし、市販のインダクタと比べて、1MHz以上の周波数での損失を最小限に抑えます。IHLP-1616BZ-0Hを使用することにより、高効率でより小型なDC/DCコンバーター回路が可能となります。

用途例としてはノートPC、デスクトップPC、センサー、カメラ、POLコンバータ、そしてひとつまたは複数の安定した電圧を必要とする様々な電池駆動製品などがあります。高周波用コントローラーICと併せて使用することで、IHLP-1616BZ-0Hは低インダクタンス値で、DC Loss (銅損)や高周波数でのCore Loss (鉄損)を軽減させ、エネルギー効率を大きくする一方 インダクタの小型化を可能にしています。

IHLP-1616BZ-0Hシリーズは5.5 mµ~26.6 mµの標準DCR、0.10 µH~1.0 µHのインダクタンス値です。また、IHLP-1616BZ-0Hは45.0 Aまでの定格電流及び高レベルの過渡電流スパイクを飽和することなく扱えます。

100%鉛フリーでシールドされたコンポジット構造のパッケージにより、バズノイズのレベルは極めて低く、熱衝撃、湿度、機械的衝撃に強いデバイスです。 RoHSに準拠、ハロゲンフリーでビシェイ社のグリーン標準に適合します。

デバイス仕様表:

ケースサイズ 1616
高さ (mm) 2.0
インダクタンス範囲 (µH) (µH) 0.10 to 1.0
DCR 標準 (mΩ) 5.5 to 26.6
DCR 最大 (mΩ) 5.9 to 28.5
熱定格電流 (A) 6.1 to 14.0
飽和電流 (A) 13.0 to 45.0
SRF 標準 (MHz) 91 to 485

サンプルおよび製品は既にご提供可能で、量産時の標準納期は10~12週間です。

ビシェイ・インターテクノロジー社はニューヨーク株式市場上場(VSH)のフォーチュン1000企業で、世界最大手のディスクリート半導体 (ダイオード、トランジスタ、赤外線オプトエレクトロニクス等)および受動電子部品 (抵抗、インダクタ、コンデンサ等) メーカーのひとつ。 同社の部品はコンピュータ、自動車、消費者向け、通信、軍用、航空宇宙、パワーサプライ、医療等多種多様な業界の製品に組み込まれている。 ビシェイの革新的な製品、企業買収における優れた戦術、「ワンストップショップ」サービスの実現は業界のグローバルリーダーとしての地位を確固たるものにしている。 ビシェイ社のホームページは www.vishay.com

###

For more information:
Media contact -  Paul Harrison, Senior MarCom Manager
Phone:  +49 9287 712 808 
Fax:  +49 9287 712 809 
E-mail:  paul.harrison@vishay.com

Sales contact: 

This release in:

  • lang-code-EN
  • lang-code-DE
  • lang-code-JP
  • lang-code-ZH