MENU
< Back  

For more information:
Media contact -  Bob Decker, Red Pines Group
Phone:  1.415.409.0233 
Fax:  1.650.618.1512 
E-mail:  bob.decker@redpinesgroup.com

Sales contact: 

ビシェイ社、車載グレードPower Metal Plateď WFM電流検出抵抗器を発表

並列接続の代替で精度を向上、大電力と幅広い抵抗値を提供

2 W と3 Wの高定格電力、5 mΩ~ 500 mΩの幅広い抵抗値範囲  


Products mentioned:

WFM
For more information:
Media contact -  Bob Decker, Red Pines Group
Phone:  1.415.409.0233 
Fax:  1.650.618.1512 
E-mail:  bob.decker@redpinesgroup.com

Sales contact: 

This release in:

2019年6月5日:ビシェイ・インターテクノロジー社(米国ペンシルバニア州、NYSE: VSH 、日本法人:ビシェイジャパン株式会社、東京都渋谷区、代表取締役社長:小澤政治)は本日、2 W と3 Wの定格電力の車載グレードPower Metal Plate電流検出抵抗器を2010および 2512ケースサイズで発表しました。WFM抵抗器は並列接続での複数の抵抗器の使用を一つの高電力抵抗器で代替することで電流測定精度を向上させ、電源、計測器、パワーアンプ、分流器(シャント)、パワーインバータ、バッテリー管理回路などの電流検出およびパルス応用アプリケーションに最適です。電力密度の向上により、基板スペースを削減し、最終製品の小型化と軽量化に貢献します。

WFMは銅製のヒート・スプレッダーを使用し、最新の熱管理設計手法を組み入れた構造をが特長で、Power Metal Plateの優れた電気的特性を維持しながら2 W と3 Wの定格電力を2010 と2512パッケージサイズで提供します。ビシェイ社独自のプロセス技術により5 mΩ ~ 500 mΩの幅広い抵抗値範囲で、▒1.0 %の許容差を実現します。

車載電子制御、ブラシレスDCモーター、電気自動車やハイブリッド自動車のバッテリー管理、産業用アプリケーションの高出力インバータ/コンバータ制御や大型モーター駆動、掘削計測装置の電源、民生用アプリケーションやHVACシステムのインバータ制御、サーバーやその他コンピュータアプリケーションの電源管理、変換、安全装置など、あらゆるタイプの電流検出回路及びパルス回路アプリケーションに最適です。

抵抗器は、ニッケル・クロムまたはマンガン銅合金の固体金属抵抗素子を特長とし、20 ppm/℃以下のTCR、0.5 nH ~ 5 nHの低インダクタンス、3 ÁV/℃以下の低熱起電力(EMF)を提供し、動作温度範囲は-65℃ ~ +170℃です。製品はRoHSに準拠し、ハロゲンフリーでビシェイ社のグリーン"標準に適合します。

サンプルおよび製品は既にご提供可能で、量産時の標準納期は6~8週間です。

参照:

ビシェイ社ホームページの製品リスト

ビシェイ社ホームページで代理店の在庫を確認

ビシェイ社ニュースフィードに登録

ビシェイ・インターテクノロジー社はニューヨーク株式市場上場(VSH)のフォーチュン1000企業で、世界最大手のディスクリート半導体 (ダイオード、トランジスタ、赤外線オプトエレクトロニクス等)および受動電子部品 (抵抗、インダクタ、コンデンサ等) メーカーのひとつ。 同社の部品はコンピュータ、自動車、消費者向け、通信、軍用、航空宇宙、パワーサプライ、医療等多種多様な業界の製品に組み込まれている。 ビシェイの革新的な製品、企業買収における優れた戦術、「ワンストップショップ」サービスの実現は業界のグローバルリーダーとしての地位を確固たるものにしている。 ビシェイ社のホームページは www.vishay.com

###

Power Metal Plate は、ビシェイ社の登録商標です。

For more information:
Media contact -  Bob Decker, Red Pines Group
Phone:  1.415.409.0233 
Fax:  1.650.618.1512 
E-mail:  bob.decker@redpinesgroup.com

Sales contact: 

This release in:

  • lang-code-EN
  • lang-code-ZH
  • lang-code-JP
  • lang-code-DE