< Back  

For more information:
Media contact -  Bob Decker, Red Pines Group
Phone:  1.415.409.0233 
Fax:  1.650.618.1512 
E-mail:  bob.decker@redpinesgroup.com

Sales contact: 

ビシェイ社、車載グレードIHDMインダクタを発表

安定したインダクタンス値と優れた磁気飽和特性、+180までの高温動作と150Aまでの定格電流を提供

エッジワイズ巻きスルーホール型デバイス、紛鉄合金コアテクノロジーが特長 低DCRが電力損失の軽減、効率の向上に貢献  


Products mentioned:

IHDM-1008BC-3A
For more information:
Media contact -  Bob Decker, Red Pines Group
Phone:  1.415.409.0233 
Fax:  1.650.618.1512 
E-mail:  bob.decker@redpinesgroup.com

Sales contact: 

This release in:

ビシェイ・インターテクノロジー社(米国ペンシルバニア州、NYSE: VSH 、日本法人:ビシェイジャパン株式会社、東京都渋谷区、代表取締役社長:小澤政治)は本日、エンジン回りのアプリケーション向けに150 Aまでの定格電流を提供する 新しい車載グレードのIHDMエッジワイズ巻きスルーホール型インダクタを発表しました。ビシェイCustom MagneticsブランドのIHDM-1008BC-3Aは紛鉄合金コアテクノロジーを特長とし、-40℃ ~ +180℃の幅広い動作温度範囲で安定したインダクタンス値と磁気飽和特性で、低い電力損失と高い放熱特性を提供します。

本日リリースされたエッジワイズ巻きコイルは0.25 mΩまでの低DCRを提供し、損失を軽減、定格電流を向上することで効率を高めます。IHDM-1008BC-3Aはフェライトタイプの競合製品と比べて+125℃ 以上の環境で30%高い定格電流、30%高い飽和電流レベルを提供します。緩やかな磁気飽和特性により電流の上昇に伴うインダクタンス値の低下が予測可能で、動作温度範囲で安定したインダクタンスを提供します。

350Vまでの高電圧で動作し、DC/DCコンバータやインバータ、またハイブリッド車、電気自動車、水素燃料電池自動車のモーターやスイッチングノイズ抑制用のフィルターなど、大電流で高温のアプリケーションに最適です

IHDM-1008BC-3Aのスルーホール実装向け標準端子はウィスカー成長のリスクを減らしたためスズが溶融めっきされています。また、ご要望に応じて実装方法を変更、性能のカスタマイズが可能です。裸銅、表面実装、プレスフィットなどのオプションがあります。RoHSやハロゲンフリーに準拠し、ビシェイ社の 「グリーン標準」に準拠します。

デバイス仕様表:

ケースサイズ

1008

寸法(mm)

25 x 20 x 23

インダクタンス(µH)

1.2 ~ 4.7

標準DCR(mΩ)

0.25 ~ 0.86

最大DCR(mΩ)

0.30 ~ 0.95

熱定格電流(A)

45 ~ 80

飽和電流(A)

50 ~ 110(1) / 70 ~ 150(2)

標準SRF(MHz)

15 ~ 90

(1)L0を約20 %低下させるDC電流(A)

(2) L0を約30 %低下させるDC電流(A)

サンプルおよび製品は既にご提供可能で、量産時の標準納期は12週間です

ビシェイ・インターテクノロジー社は、世界最大のディスクリート半導体および受動電子部品ポートフォリオのメーカーです。同社の部品は、自動車、産業、コンピューティング、テレコミュニケーション、航空宇宙、医療における革新的なデザインに採用されています。The DNA of tech.™のビシェイ社はニューヨーク株式市場上場(VSH)のフォーチュン1000企業で、世界各国のお客様を支援します。ビシェイ社のホームページは www.vishay.com

###

For more information:
Media contact -  Bob Decker, Red Pines Group
Phone:  1.415.409.0233 
Fax:  1.650.618.1512 
E-mail:  bob.decker@redpinesgroup.com

Sales contact: 

This release in:

  • lang-code-EN
  • lang-code-DE
  • lang-code-ZH
  • lang-code-JP
  • lang-code-ZH